転職活動

退職前から転職活動

「転職をしよう!」と思った時というのは、人それぞれだと思いますが、転職経験がある私の経験上、出来る事なら退職後に転職活動するよりかは、退職前から転職活動をした方が良いと思います。もし無理な場合なら、少なくとも「退職後の転職計画」というのを立てた方が良いと思います。

転職をするという事は、今、勤めている会社を退職する事になります。その場合、辞めた後の事にはなりますが、後任者の方の為、また「立つ鳥、後を濁さず」という言葉のような円満退社し、心置きなく転職する為にも、是非、引継書を作成しておいた方が良いと思います。

転職というのは、意外とお金がかかります。私は転職を何度か経験したのですが、一番の予想外は年金や健康保険に関する出費でした。これは場合によっては、再就職後に返金されたりもしますが、契約社員で退職金というのがなかったので、この数万円単位のまとまった出費は、ちょっとイタかったです。

転職活動に関するコンテンツ

ハローワークに問い合わせ

結婚を機に転職という方で、失業手当を申請しようと考えている場合、入籍前にハローワークに問い合わせした方が良いと思います。氏名や住所の変更手続きには、いくつかの必要書類があります。こういう場合での転職の場合、余計な労力や時間を費やさない為に、しっかり事前に、確認する事を、お勧めします。

転職をしようと決めた時、派遣会社を使っての転職というのも、一つの方法ではないでしょうか?あります。現在、「紹介予定派遣」という制度があり、この方法ですと、派遣先での勤務を経験していますから、派遣社員から正社員として転職という形になっても、スムーズに働きやすいのではないかと思います。

転職活動中で、失業手当を受給している方がいらっしゃると思いますが、受給中にアルバイトや日雇い的な仕事をした場合、受給中に提出する書類に明記しなければならないのを、ご存知でしょうか?明記しないと、失業手当を申請すると、不正受給とみなされるそうです。内容や条件があるようなので、該当するようであれば、書く前に、ハローワークで確認した方が良いでしょう。